本文へ移動

スタッフブログ

コーケンブログ

RSS(別ウィンドウで開きます) 

2018年を振り返って思うこと

2018-12-25
志布志で産業廃棄物処理業を営んでいます、コーケンサービスの永田です。
 
早いものでもう12月も後半、残りも一週間と少しとなりました。

毎年思うことですが、一年一年があっと言う間に過ぎていきます。
 
2018年を振り返ってみて私にとって大きな変化が二つありました。

一つ目は外国へのプラスチック、金属の輸出規制です。

この問題には少々頭を悩まされています。
今までアジアの一部の国々に流れていたプラスチックと金属雑品が今までのように輸出できなくなりました。

原因は様々あるようですね。私には難しい話なので触れずにいます。

ただ、今まで有価であったり、処理費用がほぼかからなかったプラスチック、金属が流れなくなったことで、産業廃棄物としての廃プラスチック類、金属の処理費用が少しずつ高騰してきているように感じます。

実際、当社とお取引のある処理業者さんでは今まで以上の持ち込みが増え、処理能力が追いつかず相当困っているようです。

当社のお客様でもこの問題にお困りのお客様が複数いらっしゃいます。

これは鹿児島だけでなく全国的、世界的な問題でしょうね。

とうぶん今の状況は続きそうです。

不法投棄や野焼きが発生しないとよいのですが。
 
あと一つ、それは一緒に働いてくれる仲間が二人も増えたことです。

二人とも前職は産廃処理業とは全く関係のない職歴でしたが、有り難いことに初めての職種に挑戦してくれています。

未経験ながらも意欲的に仕事に取り組んでくれます。

本当にありがたいことに人に恵まれ、良い縁のあった一年でした。

この二人の新社員の今後の活躍にも期待しているところです。

見かけたら手を振ってやってください!
 
変化することは楽しいですね。

見る角度で違ったモノが見える気がします。

来年はさらに新しい変化を期待し、またその変化に対応できるように社員一丸となって精進していきます。

産業廃棄物処理業から学ぶ 【vol.4】

2018-12-10
鹿児島県志布志市で産業廃棄物処理業を営む有限会社コーケンサービス 営業の児玉です。
 
いつもコーケンブログを読んでいただきありがとうございます。
今年も早いもので12月(師走)となりました。
 
今回は11月14日に安全衛生スタッフ向けリスクアセスメントの実務研修に参加してきましたのでその記事を書きたいと思います。
 
このリスクアセスメントでは事業場に潜むリスク(ハザード)を見つけそのリスクで、作業員が災害に合わない、起こさないようにする予防策を立て、職場での災害を無くす事が目的です。
 
研修には様々な業界の方々が参加していました。
 
研修の中に他業種の4人一組でグループを作り、例として『荷運び』の際に起こりうるリスクを見積し、そのリスクをどう無くすかの対策を話し合う実務がありました。
 
そこで出た答えは4人全員が違い、同じ作業でも人によりリスクの見積が違い、こういう見方もあるのかと勉強になりました。
 
そこで大切なことはリスクマネジメントは人それぞれ見方、感じ方が違うので一人で行うのではなく、複数の人で検討、見積をすることが大切だということです。

また、安全な職場環境を作り、安心して仕事ができるよう会社全体で取り組み、作業員一人一人が安全意識を高め、安全確認を徹底しなければいけません。
 
師走に入りどの事業所も忙しくなり災害が起こりやすくなってくると思います。
 
皆様、ご安全に!!

当社の従業員に子供が生まれました!

2018-11-29
鹿児島県志布志市で産業廃棄物処理業を営む有限会社コーケンサービスの永田です。
 
先日、当社の従業員に子供が生まれました!

出産したその日にかわいい子供の画像を送ってくれました。
彼は当社に入ってまだ4年目ですが、お客様からの客受けがよく、気も利くし、どんな仕事でもきっちりこなしてくれます。
 
本当に頭の下がるくらい頑張ってくれているので、子供ができたと聞いたときは私もうれしかったです^^
しかも我が社に入社して2人目!
 
一緒に働く仲間として、仲間に家族が増えるのはとてもうれしいです。
 
この気持ちを文章にできない自分の文章力が悲しいですが、とにかく私も彼に負けないくらい頑張らなければいけないようです。
 
ちなみに我が社の従業員はみんなすごく働いてくれます。

なので私もマジで頑張らなきゃいけないんです。

産業廃棄物処理業から学ぶ 【vol.3】

2018-11-05
鹿児島県志布志市で産業廃棄物処理業を営む有限会社コーケンサービス 営業の児玉です。
 
10月11日(木)に鹿児島県産業資源循環協会主催の「産業廃棄物適正処理講習会」を受講してきました。
 
この日は産業廃棄物処理業者はもちろん、排出事業者となる建設業者の方の参加が多かったようです。
 
内容は、廃棄物の現状やマニフェストの発行の手順、廃棄物種類別の適正処理方法の講習内容で、とても勉強になりました。

講習会冒頭では不法投投棄の現状について話がありました。
平成29年の産業廃棄物事犯の検挙件数が全国で744件もあったことを知り驚きでした。

同年、鹿児島県における廃棄物処理法事犯は46件となっており家庭ゴミ等の一般廃棄物の不法投棄が最も多く、次いで家庭ゴミ等の焼却禁止、建設系の産業廃棄物の焼却禁止の順となっていました。
 
不適切な処理をする事業者がいることで、正当に処理をしている事業者のイメージをダウンさせ、なにより環境破壊に拍車をかけていることを認識してもらいたいものです。
 

11月は不法投棄防止強化月間となっています。
この強化月間を期に再度、不法投棄に目を光らせ、不法投棄ゼロを実現できるよう認識、行動していかなくてはと思います。

『経営の秘訣』

2018-10-25
鹿児島県志布志市で産業廃棄物処理業を営む㈲コーケンサービスの永田です。
 
まずお知らせですが、当社のマスコット猫、モコさんが取材を受けました。
近日農協さんの月刊情報誌に掲載されるそうです。
ぜひご覧ください。
 
 
先日、ある会社の会長さんとお話しするご縁がありました。
海外ともビジネスをしてきたヤリ手の会長さんです。

その会長さんに『経営の秘訣』をお聞きしたら、『感謝をしなさい』といわれました。

従業員に感謝、同業者に感謝、家族に感謝、いろんな人に敬意を払い、感謝をしなさい。
そしたら信用、信頼を築けるんだ。と。
 
なるほど、当たり前だけど深くてとても大事なことだと改めて考えさせられた言葉だったのですが、
つい最近別な方も同じことをおっしゃっていました。
 
私がこの会社に入社して以来、ずっとお世話になっている会社の社長さんで、今月で引退された方です。
40年会社を経営されてきたそうです。

『会社がここまでこれたのは従業員のおかげであり、従業員がついてきてくれなかったら今日はなかった。』
しみじみとおっしゃっていました。
 
本当にその通りですよね。自分一人ではほぼ何もできない。

私も一度深呼吸をして今の自分の周りを今一度振り返ってみようと思います。
(有)コーケンサービス 伊崎田新処理場
(有)コーケンサービス【本社】
(有)コーケンサービス【積保場】
有限会社コーケンサービス
■本社
〒899-7104
鹿児島県志布志市志布志町安楽423番地
 
■伊崎田営業所
〒899-7401
鹿児島県志布志市有明町伊崎田6018-3
※郵便物等は伊崎田営業所へお送りください。
 
TEL.099-474-0088
FAX.099-401-6588
Email.info@kohken-s.com
0
0
7
8
1
3
TOPへ戻る