本文へ移動

社長ブログ

鹿児島県志布志市で産業廃棄物処理業を営む有限会社コーケンサービスの永田です。
 
日中はまだまだ暑いですが、暗くなると上着を着ないといけなくくらい寒くなりましたね。
 
夏大好き人間としては、過ごしやすい今の時期が来ると少し寂しい気持ちもあります。
 
さて、先日9月27日の日曜日は、当社伊﨑田営業所がある丸岡集落の草払い作業のお手伝いに行ってきました。
 
丸岡集落はとても静かで緑の多い(志布志全体が緑が多いですが特に)、のんびりとした田舎集落です。
 
集落の公民館から少し奥に入ると、一面茶畑が広がっており、正面には霧岳が見えます。
 
田舎集落なので草払いをしなければならない面積はとても広いです。
 
8時から12時までの半日、15人ほどで草払いをしてやっと集落の半分できるくらいです。
 
でも作業を通して集落の道を覚えたり、集落の方々と談笑して仲良くなったりできます。
 
去年は作業終了後は公民館で飲み会をしてましたが、今年はコロナにより飲み会できませんでした。
 
大勢で作業をしたあとの昼から頂く芋焼酎は、地域の方々と交流できるとても良い場だったのでちょっと残念です。
 
昼から飲めるという優越感もあったのですが(笑)
 
一刻も早いコロナ収束を強く願います。

反省すべき過失

鹿児島県志布志市で産業廃棄物処理業を営む有限会社コーケンサービスの永田です。
 
反省致します。
 
当社で3年ほど前から使用している0.2クラスのコベルコのユンボのアームが折れてしまいました。
 
原因は無理な使用方法をしていたためです。
 
5月から開始した木くず破砕処理の前処理として、大きな木材は0.2ユンボで細かく折りながら前処理をしていました。
 
これは本来の使用方法ではありません。
 
しかし、異物が混入していないか確認しながらサイズを小さくしていかないと、一軸破砕機の破砕効率が悪くて破砕が間に合わないからでした。
 
もちろん折れてしまうような使い方をさせていたのも反省すべき点なのですが、もっと申し訳ないのが、
アームが折れた時に重機に乗っていた従業員に『折ってしまいました、すいませんでした。』と言わせてしまったことです。
 
今回アームが折れたのは彼の過失ではないことは明らかです。

誰がやっても折れてしまうような使い方を見て何も言わず、さらには私自身もやっていたため、起こるべくして起こった故障です。
 
言い訳もせず謝罪してくれた従業員と故障させてしまった重機に謝罪をしなければいけないのは私です。
 
今回すごく重い記事になってしまいましたね。
 
今日は週末土曜日で気持ちよく終わらせたかったんですけどね。
 
今夜は晩酌しながら猛省致します。
(有)コーケンサービス 伊崎田新処理場
(有)コーケンサービス【本社】
(有)コーケンサービス【積保場】
有限会社コーケンサービス
■本社
〒899-7104
鹿児島県志布志市志布志町安楽423番地
 
■伊崎田営業所
〒899-7401
鹿児島県志布志市有明町伊崎田6018-3
※郵便物等は伊崎田営業所へお送りください。
 
TEL.099-474-0088
FAX.099-401-6588
Email.info@kohken-s.com
0
1
2
5
7
5
TOPへ戻る